Google Home mini を買ったので雑レビュー

Posted over 1 year ago by yoosee.
  iot google smartspeaker review

Google Home mini を買ったのでざっとしたレビュー。なおビックカメラで定価 6,480円で買った直後にコジマが半額で売っていることを知らされてダメージを受けているところ。まあまだしも mini なので差額は3000円程度だけど…

Google Home mini

Google Home mini の見た目はミニマムデザインのお手本という感じで、マットな質感のチャコールのドーム型スピーカーに音声反応時に4つのドットがインジケーターとして光るという、どの部屋に置いても違和感がなさそうにうまくまとめたものになっていて、よくできていると思う。比べると Echo Dot はちょっとプラスチックでブルー発光なチープ未来という感じがしないでもない。

セットアップ

Google Home の箱を開けて使い始めるまでの難しさはほとんどなく、Google Home を自宅で電源に繋ぎ、スマホに Google Home App (iPhone版ももちろんある) を入れ、関連付けする Google アカウントを選んでデバイスの登録を行うだけ。

ただ快適に使おうと思うとアカウントのリンクを行う必要がある。例えば「音楽を鳴らして」と話したときにどの音楽サービスで再生するかなどの話だが、こんなの Google Play Music を標準登録しといてくれと思う。うちだとその他に Netflix や Spotify など幾つかのサービス登録をしたが、この辺は個別に「設定」から追加が必要で、ちょっと不親切。スマホにあるサービスは自動でサジェストするくらいして欲しい。

また自宅のインターネット接続家電のコントロールをするならば Home Control も登録する必要がある。この辺り Alexa は Smart Home で追加を選べば勝手にLAN内をスキャンして対応機器を一通り自動登録してくれるのだけど、Google Home は対応サービスを手で選んで登録する必要があり、登録自体は簡単なのだがひと手間分余計な感がある。

音声認識と使い勝手

基本となる音声認識と音声応答だが、音声認識は日本語を結構ちゃんと認識してくれて、聞き間違えられて何度も言いなおすといったストレスは少ない。逆に音声応答の方は、英語の発音は自然に聞こえる一方で、日本語の発音は何というか「ゆっくりしていってね!!!」をほうふつとさせるイントネーションのおかしさがあって微妙に引っかかる。まあこんなのに完璧を求めてリリースが遅れるよりはよいと思うけど、普段使いを目指すなら改善してほしい部分ではある。

Google Home にニュースを聞くとなぜかNHKラジオの最新ニュースが流れる。実用としてはまあこの方がよいのかもしれないし、当然ながらNHKのアナウンサーの方は発音も完璧なんだけど、Google News や Newsstand なりのニュース系サービスを持っているはずの Google がNHKニュース流しちゃうのはなあという残念さは感じる。ワード検索にしても、Alexa もそうだが大抵の場合は Wikipedia の定義を喋ってくれるわけで、まあそうだよなと思いつつもあまり Google ならではという感はしない。

あと Google の問題以前に日本語の問題として、日本語はどうも叙述的というか命令を簡潔に伝える言語構成ではない感があって、日本語でのコマンドというのは話しかける方も難しく感じる。端的には話しかけながら途中で言いよどむことがある。英語での命令は基本的に Do something であって命令 Do が最初に来るので組み立てやすい。とは言えこれは話しかける側の問題であって、Google Home はうまく日本語を解釈してくれる。

なお Twitter でも何度かつぶやいているが、Amazon Echo の “Alexa” という呼びかけに対して “OK Google” や “ねえ Google” というウェイクワードは少々呼びづらい。Apple ですら Siri なわけでここで自社名を連呼させなくてもいいじゃないかと思うし、そもそも OK Google ってシラブル多すぎだろう。Google の技術力であればむしろ 「任意のウェイクワードを設定できる」くらいのことはやって欲しい。

Google Home (mini) は買いか

mini の 6000円という値段を考えればエンジニアのおもちゃとしてはまずまず楽しめると思う。キャンペーン半額などで 3000円なら猶更。IFTTT の連携も当然あるので色々なサービスを Google Home からトリガーすることができるし、独自アプリの作りこみとしての Actions on Google も作るだけなら難しくない。まあ Alexa の Skill も簡単に作れるのでゴミだらけになってるわけだけど、何か作って自己満足するくらいの楽しみ方は出来そう。

非エンジニア向けにどうかと言われると、例えばうちの場合は Echo Dot と Google Home mini が2台同じ部屋にあるが、うちの幼稚園児と小学生が呼びかけて音楽を流したり英語のスペルを教えてもらったりタイマーをかけたりしているので、使うのは問題ないと思う。なお一番よく使うのは音楽なので、音楽サービスを使うかどうかは考慮するのが良さそう。手持ちの mp3 ファイル等がある人は Google Play Music に全部投げ込んで使うとよいのではないかと。

Google Home と Google Home mini のどちらを買うべきか

買おうか迷っている人から何度か聞かれたのが、大きいのと小さいののどちらがいいかという話。両者で機能的な違いはほぼないので、比較ポイントはスピーカーのみになる。mini のスピーカーだが、スマートスピーカーとしての音声応答などであれば問題のない品質と音量だと思うが、音楽を聴いて楽しむには不足を感じる。

Amazon Echo の場合は Echo Dot でも 3.5mm オーディオジャックと Bluetooth A2DP のどちらでも外部スピーカーに音声出力する機能を持っているので、Echo 自体の音質がどうであっても外部スピーカーでの音楽再生ができる。が、Google Home / Home mini には 3.5mm ジャックは無いし、Bluetooth の外部出力も対応していないようだ。Google さんの想定は「Chromecast を Home から操作することができるのでそれを使え」ということらしい。Google Home / mini も Bluetooth 自体は搭載されているので将来的にファムーウェア更新で対応する可能性はあるかもしれない。

というわけで冒頭の質問への回答だが、Google Home で音楽再生を考えるのであれば mini はあまり向かないので Google Home を買うか、もしくは別途 Chromecast を使う前提で mini ということになるのだろう。うちは今のところ音楽再生は Alexa 側だしテレビがChromecast内蔵かつHDMI Audio出力でスピーカー連携しているので mini で困ることはないのだが。

 

お風呂でおならを臭わせずに処理する方法

Posted over 1 year ago by yoosee.
  lifehack

諸兄はお風呂でおならが出て困った経験はないだろうか。密室であったり時によっては他の人がいたりする風呂で放屁するのは言うほどたやすい行為ではない。とはいえ

平均的には大人は普通一日に合計0.5 - 1.5Lの量の屁を5回から20回に亘り放出する。-

らしいので、入浴時に屁が出るのは決しておかしなことではなく、むしろ人生において逃れようがない出来事である。そしてむしろ、風呂というのは屁を人知れず処理するのに適した空間であることは知っておいていただきたいのだ。

オナラ - いらすとや

オナラの殆どの成分は無臭で、大半は窒素や酸素と言った空気がそのまま消化管を進んだもの、及びメタンのように発酵で発生するものであり、いわゆる「臭い」の成分はごく一部だ。そしてこれらオナラの臭いの成分の多くは水溶性であるため、実は水が豊富な風呂というのはオナラをどうにかするのにはうってつけの環境なのである。

排出法

さて水溶性がどうのという以前に、可能であれば一番確実な方法がこれである。浴槽の排水口の栓を素早く抜き、水が排水される勢いに乗せて屁を放出する。水流と一緒に屁は排水溝を流れていくので臭わずに処理ができる。

問題点としてこれは当然ながら浴槽内にいないとできないし、温泉や公衆浴場など排水口の栓をどうにかできない場合には使えない。またユニットバスなどで排水パンの上に浴槽が乗っているものだと浴槽の排水口から排水管が直結しておらず浴室内にガスが流れてしまうのであまり有効ではない。そうした際には後述の別の方法を使うのがよいだろう。

またこれは狙いを定めて放屁をするため、お腹が緩い際には用いないようご注意いただきたい。くれぐれも。

捕獲法

洗面器などの器を逆さまにした状態で放屁し、屁を容器で受け止める。誰もが一度は行ったことがあるであろう伝統的な方法。問題はこの閉じ込めた屁をどう処理するかだが、これは以下の混合法との組み合わせによる解決を図るのが良いだろう。

混合法

屁の臭さ成分は水に溶ける。これが重要な知識である。つまり屁を水と混ぜると臭いが空気中に流れ出すのを止めることができるのである。水への溶解は屁と水の接触面積に依存するので、効率よく屁を溶かし込むには屁の泡を細分化する、つまり泡をつぶして混ぜればよろしい。捕獲法を使わない場合に屁が水面に達するまでの間に泡を砕くのは多少慣れがいるので練習されたし。

なおこれはつまり自分の入っている浴槽のお湯に屁の成分を溶かし込む行為だが、まあそんなのは風呂に入っている時点で今更の話であり気にするに値しない。

水流洗浄法

混合法のバリエーションだが、放屁を浴槽外で行う場合に役に立つ。要はシャワーを放屁に向かって放つのだ。ただしこの方法はシャワーの水流に隙間が大きい場合には空気中に逃れる臭気成分が多くなるため確実性は欠く。他に方法がない場合の非常手段とするべきだろう。

濡れタオル法

例えば銭湯や温泉の浴室内で他の方法がすべて使えない場合、非常手段として濡れタオルを当てて屁を濾過する方法が考えられる。ただしこれはタオルに含まれる水の量が小さく接触面も限られるため、望む効果が得られないことがままある。最後の手段とすべし。

なお当方はこれらの実践によって発生したいかなる不利益に対しても責任を負わないものとする。くれぐれも自己都合で健全な放屁ライフをおくっていただきたい。

 

米国企業での採用や昇進は成果主義ではなく、能力期待値への投資で行われる

Posted over 1 year ago by yoosee.
  business uscompany

「成果主義」についてのよくある誤解

日本企業で「成果主義」がうたわれるようになってから結構な年月が経った。成果主義という言葉に厳密な定義があるのか分からないが、一般的には「過去の業務の成果を踏まえて人事評価を行う」ことだと思う。またこれは所謂日本企業での「年功序列」に対するアンチテーゼとして導入されることが多い。

8年以上も米国企業で管理職をやっていたので、たまに「米国企業ではどのように成果主義を運用しているのか」などと聞かれて困ってしまう事がある。人事制度としては米国企業には日本で考えるような成果主義というものはほぼない1からだ。米国企業のそれは、勝手に名付けるならば「能力主義」ないし「投資主義」とでも言うべきものだろう。もしくは「効率性賃金(Efficiency Wage)」という単語もあるらしいそれは、未来の成果への期待値に対して給与を出すものだ。

日本のキャリアとは違う、米国のキャリアパスと採用

日本の成果主義は結局のところ、雇用者が辞めずに長年、それも10-20年以上というサイクルで同じ企業に籍をおくことを前提として、その中に定められたほぼ線形の「昇進(昇級・昇格)」という軸を登るスピードを「成果」によって決めるというものだ。レベル1から5に上がるのに遅い人だと10年かかるところ、成果が高い人は5年で上がる、というのが日本の人事制度上の成果主義である。もしくは、最低給与を少なめにして、成果によって年収を大きめに上下させることを「成果主義」と呼ぶこともある。そして実のところ、こうした話は日本企業の給与支払い抑制策でしかないという事情もある。

対して米国のキャリアは同じ会社内での昇進を前提においておらず、転職が前提となる。また日本の総合職での職能が「レベル」という単一評価軸だとして、米国のキャリアパスは以前にも記事を起こしたように、専門能力である「スキルレベル」を組み合わせて上げる事で次の「クラス」につくことができるようになる「クラスチェンジシステム」である。

採用の基本は「仕事内容を業務内容詳細(Job Description)で定義し、ポジションを開けて応募してもらう」形をとる。そして給与額はこのポジションに大きく左右される。つまり、座る席に給与が付いてきて、その席に座れるかどうかの勝負になっている。毎年の評価と昇給・昇格も存在するが、給与や待遇の最大要素は採用時に決まることが多い。社内での昇格でも原理は同じく、社内のポジションに応募して新しい役職に就くというパターンが多い。

これを採用する側から見た場合、多くの米国企業ではチームの管理職・チームリーダー相当が採用者(Hiring Manager)として雇用を行う。つまり「自分の部下は自分の予算で自分で雇う」が基本のところが多い。そしてこの採用の判断材料は履歴書と数回のインタビュー程度でしかない(ゆえに知人のつてなどのコネが重宝される。最近は LinkedIn などビジネスソーシャルネットワーク経由の評判などもよく使われるが、これもつまるところ情報化されたコネである)。

つまり自社で行われた「それまでの成果」ではなく、その人が持っているであろう能力による「この先の成果」に対する期待値に対し、ポジション・給与という資産を投資判断することになる。

能力期待値への投資

良くも悪くも米国企業は解雇が比較的容易である2。なので投資が失敗だと判断されれば投資の引き上げ、つまり解雇が行われる。また逆に従業員が今の投資を上回る成果を出した場合、従業員が転職してしまわないようにより高い待遇を与える必要があり、つまりはより大きな投資が行われる。この考え方はマーケットの馬車馬の和魂洋才シリーズに詳しい。

解雇が比較的容易だといっても、採用コストや雇って最低数か月間の給与、リソース、なにより時間は取り返せない。なのでこの「投資」判断は管理職の能力として非常に重要なものになる。そうした点で、雇用者側から考えても、日本の「成果主義」と米国の人事の考え方はだいぶ違うものだといえる。


  1. ちなみに米国でもいわゆる「成果主義」を中心に据えたやり方がないわけではない。まず前述のように(全体から見ると影響は小さめだが)成果に応じたボーナスや昇給は存在する。また米国での成果主義の一例は Sales incentive と呼ばれる仕組みで、これはつまり「営業職が売り上げに応じたパーセントで給与を受け取る」制度である。 

  2. 「米国では解雇が容易」というのはあくまでも比較的であり、「能力が低いから解雇」する場合には相手に大して「あなたの能力は(ポジションと給与にに対する)期待値に届いていない」と説明するなど手順を踏まなければならない。昨日まで褒めていた人を突然解雇するのは不当解雇として下手すると訴訟になる。例外は企業の中でその仕事・ポジション自体が無くなることで、例えばある自社サービスを終了する際にそのサービスに関わる部門を丸ごと解雇、というのは可能なので、事業整理はしやすい。ただしこの場合も無くしたポジションを簡単に復活させるなどは許されない。
    またこうした解雇のしやすさを「欧米」でひとくくりにするのは大きな間違いで、欧州は米国に比べて全般的に労働者保護が手厚いし、ドイツに至っては日本と比べてもかなり解雇が難しい。会社を倒産させて解雇することですら大きな制約を受けるくらいである。 

 

Spyderco Dragonfly 2 ZDP-189

Posted over 1 year ago by yoosee.
  knife edc

一番気に入っているナイフの話でも。Spyderco Dragonfly 2 ZDP-189 である。Spyderco は米国ではEDCナイフメーカーとしてそれなりに高い知名度がある。日本のAmazonでも売っている

Amazon.comでのレビュー も ☆ 4.7 / 685 reviews と非常に高い。Dragonfly 2 ZDP-189 Review — Everyday Commentary でも数少ない満点を取っている。

Spyderco Dragonfly 2 ZDP-189

ペンとの比較でも分かるようにこのナイフはとにかく小さい。男性の手のひらであれば握った手に完全に収まってしまうくらいに小さい。しかし刃を開いたグリップはうまいくらいに持った手にフィットする。ブレードもこれで木を削ったりものを切ったりという用途には問題なく使える。このデザインの妙が素晴らしい。

Spyderco Dragonfly 2 ZDP-189

ZDP-189 はブレードに使われている鋼の名前である。普通の人には興味が無い話だろうがナイフに使われるスチールは色々な種類があるが、これは普及価格帯のものとしてはかなり硬質でメンテナンスもさほど頻繁に必要がない。

ブレードの刻印を見ると SEKI-CITY JAPAN と刻まれている。刃物で有名な関市のブレードらしい。気軽に買うにはちょっとだけ値が張るナイフだが、それだけの価値は十分になると思う。

なお小さいとはいえナイフなので基本的に携帯は不可なことには留意されたし。

 

Let's encrypt の証明書を certbot を使って更新する

Posted almost 2 years ago by yoosee.
  ssl nginx security letsencrypt

Certbot での let’s encrypt 導入

このblogは Let’s Encrypt での HTTPS 化をしているが、去年3月に書いたものから手順というかツールが変わっていた。

Let’s Encrypt + Nginx の導入 - W3er

これまでは Let’s Encrypt から提供された shell script を renew の際に実行していたが、1か月前の実行からエラーで正常更新されなくなっていた。最近の推奨は Certbot らしい。

Certbot

導入自体は Debian なら通常のレポジトリにあるので apt で入れるだけ。

$ sudo apt install certbot 

既に以前に Let’s Encrypt を導入している環境ではあるが、certbot での更新は初めてなので初期化のコマンドを実行。nginx など port 443 を LISTEN しているプログラムは Let’s Encrypt 側からの確認を行うために一時停止が必要。要は当該ドメインの当該Portを管理する権限がこのサーバにあることを確認するためだろうが、この辺の条件は以前と一緒。

% sudo certbot certonly --standalone -d blog.yoosee.net

Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log
Cert is due for renewal, auto-renewing...
Renewing an existing certificate
Performing the following challenges:
tls-sni-01 challenge for blog.yoosee.net
Waiting for verification...
Cleaning up challenges
Generating key (2048 bits): /etc/letsencrypt/keys/0000_key-certbot.pem
Creating CSR: /etc/letsencrypt/csr/0000_csr-certbot.pem

IMPORTANT NOTES:
 - Congratulations! Your certificate and chain have been saved at
   /etc/letsencrypt/live/blog.yoosee.net/fullchain.pem. Your cert will
   expire on 2017-10-09. To obtain a new or tweaked version of this
   certificate in the future, simply run certbot again. To
   non-interactively renew *all* of your certificates, run "certbot
   renew"
 - If you like Certbot, please consider supporting our work by:

   Donating to ISRG / Let's Encrypt:   https://letsencrypt.org/donate
   Donating to EFF:                    https://eff.org/donate-le

cronの定期更新スクリプト /etc/cron.monthly/letsencrypt も変えておく

#!/bin/sh

/etc/init.d/nginx stop
certbot renew 
/etc/init.d/nginx start

nginx 側の設定

fullchain.pem など必要なファイルの場所は以前のスクリプトと変わっていなかったので nginx などの設定を変える必要はなかった。/etc/nginx/sites-available/blog.yoosee.net.conf は以前と変えておらず以下の通り。

server {
        listen 443; # listen for ipv4
        server_name blog.yoosee.net;
        access_log /var/log/nginx/blog.yoosee.net/access.log;
        error_log /var/log/nginx/blog.yoosee.net/error.log;

        root /home/www/blog.yoosee.net/textfi/public;

        client_max_body_size 100m;
        error_page 404 /404.html;
        error_page 500 502 503 504 /500.html;
        try_files $uri/index.html $uri @unicorn;

        ssl on;
        ssl_certificate /etc/letsencrypt/live/blog.yoosee.net/fullchain.pem;
        ssl_certificate_key /etc/letsencrypt/live/blog.yoosee.net/privkey.pem;
        ssl_session_timeout 10m;
        ssl_protocols TLSv1 TLSv1.1 TLSv1.2;
        ssl_prefer_server_ciphers on;
        ssl_ciphers ECDHE+RSAGCM:ECDH+AESGCM:DH+AESGCM:ECDH+AES256:DH+AES256:ECDH+AES128:DH+AES:!aNULL!eNull:!EXPORT:!DES:!3DES:!MD5:!DSS;
        ssl_dhparam /etc/nginx/ssl/dhparam.pem;

        location ~* \.(jpg|jpeg|png|gif|ico|css|js)$ {
                expires 30d;
        }

        location @unicorn {
                proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
                proxy_set_header X-Host $http_host;
                proxy_set_header X-Forward-Proto https;
                proxy_set_header host $host;
                proxy_redirect off;
                proxy_pass http://unicorn;
        }
}

これで SSL Server Test は スコアA が取れている。CAAは残念ながら使っているDNSホスティングではまだ対応していなかったので未対応。

SSL Server Test: blog.yoosee.net (Powered by Qualys SSL Labs)

SSL Server Test