米国で盲腸の手術をしたのでかかった費用をさらしてみる

Posted 10 months ago by yoosee.
  usa uslife

しばらく前の話題だが、米国で盲腸にかかるといくら払わないといけないかという話が出ていたので、実際に手元に届いた請求書と保険会社のレポートから大体の数字を抜き出してみよう。

元の請求額を見ると $53,000 、約600万円近い恐ろしい額になるが、実際には保険会社が大部分を負担している。個人の負担額は対象項目と保険のプランによって異なり、保険会社向け金額に対して概ね 0-30% 程度になる。当然ながら支払額が少なくて済むような保険は毎月の掛金が高いが、就職していれば企業が Benefit として負担するのが普通だ。

ところでそう、盲腸の手術代金を知っているということは実際にこっちで盲腸になったということだが、うちの家族は私と娘が米国に住んでいる間に盲腸になったのであった… なにも2人もならんでもいいのに。

Ambulance

さて元々の請求額、保険による調整と支払い、そして最終的な個人負担額は下記のようになった。これらの数字や割合は病院やケースによってかなり異なり、私の場合も自身と娘で相当違ったので、あくまで参考までに。

請求元 請求金額 保険割引額 保険会社負担 個人負担
ER(緊急病棟) $6,931.41 ($5,040.41) ($1,512.80) $378.20
救急車(輸送) $688.10 ($550.48) $137.62
麻酔医 $3,360.00 ($1,450.80) ($1,909.20) $0.00
手術 $3,483.00 ($2019.07) ($931.14) $532.79
担当医 $1,080.00 ($730.98) ($342.92) $0.00
入院(5日間) $37,877.00 ($21,177.00) ($15,267.29) $1,432.71
総額 $53,419.51 $2,481.32

請求書にも明記されるのだが、見ての通り元の請求金額に対して保険会社向けレートというものがまず割り引かれ、そこから支払いプランに応じた負担額を保険会社が負担して最終的な個人負担額になる。

なおこれは容体の都合で5日間入院しているのでその分がかなり高くついている。この国では盲腸の手術程度なら具合がよければ手術の翌日には退院なので、その場合はもっと安くはなる(なお出産ですら最短2泊程度で追い出される)。別の盲腸で2泊入院した時の病室代は $17,000 請求の $600 支払いくらいだったはずなので、ざっくり1泊 $8,000 (80万円) 前後だろうか。どんな高級スイートって感じだが。

ということで流石に盲腸手術で自分の財布から何百万円相当も実際に払うということはない。元請求額は実際それくらいだが、保険会社が間に入った段階で相当額が割引された上での一部自己負担になる。最終額は保険プラン次第で、完全に無保険だと本当に数百万払うということになってしまう可能性はあり、それ以前に手術をさせてくれないのではないか。

前述の通り普通は努めている企業が福利厚生として保険プランを提供しているが、転職の狭間などで苦労する人の話は聞く。米国民に対してはいわゆる Obama Care と呼ばれる国民皆保険が始まったので状況はマシにはなっているのだとは思うが(それもこの先はトランプさん次第だが)、旅行者はきちんとクレジットカードでも個別でも旅行保険に入っておくのは必須だ。

なお上記にあるように救急車もがっつり有料であり、しかも料金は基本料金+走行マイル数に応じた請求額になる上に、その先のERも当然高額である。そうしたこともあり、救急車を呼んで最初に聞かれるのは「お前は保険に入っているのか」である。世知辛い。

 

EDCキーチェインを Orbitkey 2.0 で更新した

Posted 11 months ago by yoosee.
  edc keychain

以前に My EDC キーチェイン で普段持ち歩いているキーチェインを紹介したが、少し前に Kickstarter で注文した Orbitkey 2.0 が届いたので組み換えをしてみた。周りにあまりゴテゴテ付けるのもどうかと思い、以前と比べて構成は随分シンプルにした。

Orbitkey Keychain

Orbitkey とそこに収納しているツールは2つだけ。この他にシリンダー鍵を2つ収納していて、幅的にはそれで丁度くらい。

Keychain with Orbitkey 2.0

Leatherman Brewzer は所謂プライツール。車の鍵と一緒に以前書いた TT PockeTTools Chopper を持ち歩いているので必須ではないのだが、キーホルダーに収まりがよいので付けている。しかし気づけば栓抜きを3個も持ち歩いていることになるので、それもどうなのよという感じだが。

個別レビューも書いたくらいの Swiss+Tech Utili-Key は外せないので付けたが、着脱のギミックが Orbitkey のように鍵を挟んで圧をかける仕組みとはあまり相性が良くないのが難点。使うたびにネジを緩めて締めなおすのはちょっと億劫だが、今のところ替えがないので仕方がない。サイズ的にはちょうど収まる。

Orbitkey に付けている Clip 側はこんな感じで、TEC Accessories のものは以前と変わらない。

EDC に必須のホイッスル、長らくフルチタンの物を探していて最近新しく出てきたこれをようやく見つけた。他のチタン製ホイッスルは往々にして内部のパーツにプラスチックが使われていたりして、火に近づけると変形して音が出なくなるなどの問題があったが、TI-EDC Titanium Whistle は中の構造までフルチタンなので安心して使える。

男のロマンであるところのファイアスターター Exotac nanoSTRIKER が外れてしまったのが悲しいので、なにか火を付けられるものは持ち歩きたい。まあ、過去に火打ち石で火をつける必要性に迫られたことはないんだが… 手元には Numyth Tohil Fluid LighterStainless Steel Lighters By Maratac ™ といったライターもあるんだけど、それなりにかさばるのと、オイルライターは使わずに放置しているとオイルが抜けていざという時に火がつかないのが難点でもある。これはおいおい考えるとして。

Orbitkey Keychain and Vvego Wallet

キーチェインと一緒に持ち歩いてる財布は Vvego の Front Pocket Wallet 。Drive License を含めてカードが2+3枚と数枚の紙幣しか持ち歩けない、相当にコンパクトな財布だが、普段使いならクレジットカードが2枚と銀行のカードが1枚あればほとんど問題になることはない。ちいさいことはよいことだ。

 

プライベートのバックアップ覚書き

Posted 11 months ago by yoosee.
  backup debian

現時点のバックアップまとめを備忘録として。

バックアップ概略図

基本のバックアップ

まず基本的に全てのメディアは自宅の Debian サーバに保存している。NAS用ではない普通のサーバで HDD は RAID1 、music や movie や photo といったフォルダを掘ってそこにファイルを入れている。サーバからは samba でのファイル共有と rygel での DLNA で自宅内での利用ができるようにしている。

起点が Debian server になるので、バックアップは Linux CLI でアクセスできるものが中心。また基本的には世代バックアップなどではなく、rsync が基本のフルコピーのみ。世代が必要なものは殆どがテキストなので、git で管理して github や bitbucket に入れている。

USB HDD (Seagate USB Storage)

サーバのHDDより大きい容量の外付け USB HDD を ext4 で利用。普段はオフラインでオフィスに置いておき、1ヶ月に一度程度の頻度で家に持ち帰って rsync で同期をかける。常時接続しておかないのはウィルスやランサムウェアの被害を回避するためと、家が水や火事などのトラブルになっても大丈夫なように。最悪の場合1ヶ月程度の空白があくが、他のオンラインバックアップがリアルタイムないし Daily なのでさほど問題にはならないはず。

Seagate の外付け USB HDD は信頼性はイマイチだが、容量比の価格が安いので定期的にチェックできるならバックアップ用途としては使いやすい。

Amazon Cloud Drive Unlimited Everything (以下ACD)

しばらく前までは S3 Glacier に限定的にバックアップを取っていたが、Amazon Cloud Drive Unlimited Everything を使い始めてからクラウド上の主たるバックアップは全てそこに置いている。年間 $59.99 で無制限になんでもファイルを置けるのはかなり破格だと思う。今のところパフォーマンスも問題ない。また Debian から FUSE mount して普通のファイルシステムとして扱えるのがすごぶる利便性がいい。

自炊書籍など著作権物を置くのはなんとなくリスクを感じるので、そうしたファイルは AES256 で暗号化して置いている。今のところ特に怒られたりはしていない。現在の利用容量は2.8TBで、一応100TBにQuotaがあるようだがそこまで使うことはまず無さそうだ。

写真と動画

写真と動画も基本は USB HDD と ACD へのバックアップ。サーバ上のファイルは懐かし(?)の sync-day-by-day で日付フォルダ管理にしている。スマホの写真は Dropbox 経由でほぼリアルタイムで自宅サーバにコピーされるので、そこからは同様に処理される。Dropbox は Linux CLI 用クライアントがあるのがありがたい。

Google Photos

追加バックアップと利便性を兼ねて、すべての写真は Google Photos にもアップロードしている。スマホからは Android の Photos App で自動アップロード、他のカメラで取ったものは一度自宅サーバに置いてから、Samba でフォルダ表示 → フォルダごと Chrome の Photos に Drag & Drop してアップロード、という形。以前は googlecl や picasa-upload なども使っていたが認証方法が変わったりなんだりで利用が安定せず、結局アナログな手作業になっている。

High Quality で保存すると 16M Pixels までの写真と最適化された動画などが無料・無制限で保存可能。Galaxy S7 edge が 12MP = 4032 x 3024 という解像度、iPhone 7 も 12MP なので、スマホの写真なら問題なくそのままの解像度で保存できるし、動画もHD程度なら特に問題ない。

1997年にデジカメを使い始めてからの全ての写真と動画をアップロードしているが、どの端末からでも全ての写真を見られるし、過去の写真を Remember this day などと表示してくれるのも悪くない。

なお自分が不慮の事故などで死んだ際にも家族の写真などはちゃんと残したいわけだが、自宅マシンの写真は samba でアクセス可能なのでしばらくはよしとして、Google は一定期間ログインがなかった場合に予め決めた相手にデータのダウンロード権を送るサービスを持っているので、それも一応設定している。

音楽

音楽は最近はすっかり Spotify や Amazon Unlimited Music などの購読型ばかり聴くようになってしまったが、一応は過去に買った CD や mp3 などがあるのでそれも聴いている。元々デジタルミュージックは殆どを amazon.com の non-DRM mp3 で買っていたこともあり、これらも ACD に突っ込んだ上で Amazon Music 経由で聴くことが多い。

スマートフォンとタブレット(Android)

最近の殆どのアプリはログイン後のデータがクラウドにあるのでバックアップの必要自体がそもそもない。
ローカルにのみデータがあるものは Helium - App Sync and Backup でバックアップを Google Drive に取っている。このアプリは root 不要な代わりに PC に繋いで adb 経由で権限を取得させるということをしている。余談になるが、最近この手の方法で root 相当権限を取得するアプリがそこそこあるわけだが、これを許すなら root (sudo) も公式にサポートして欲しい。

コードや設定ファイル

コードやサーバの設定ファイルは github ないし bitbucket にある。よい時代だ。プライベートの日記なんかもテキストなので git に入れて bitbucket に飛ばしている。

その他のクラウドストレージ

ラップトップからは Dropbox の他に Box.com と OneDrive を使っている。Box.com は WebDav が提供されているので Linux からも mount できるのが嬉しい。OneDrive は主に仕事用なのでプライベート系のバックアップとは繋いでいない。

 

なぜ日本のIT導入は失敗するのか

Posted about 1 year ago by yoosee.
  business it

楽をすることを罪悪とみなす国ではITの普及が難しい、と何処かで書いた事があるが、こうした話はそのよい例だろう。

実務層に起因する問題である。実務層が無能だから、ではない。逆だ。実務層が勤勉で真面目すぎるから、仕事のシステムが多少おかしくても、一所懸命にカバーして動かしてしまう。その結果、かえって問題が隠れて見えなくなってしまうのだ。
見えない非効率 ー 今、動いているんだからいいじゃないか : タイム・コンサルタントの日誌から

現場が優秀で真面目なため、前工程からくるものに問題があっても自分の工程で全力でフォローしてしまうので、結果としては問題が解消するものの、重複業務が増加するため稼働が増え、効率性とは無縁になる。他国の企業でもこうした問題は発生しうるが、基本的には現場がそこまで勤勉ではないので「前工程で問題があったので自分の仕事がうまく行かないのだ」で止まるため早々に顕在化し、全体の責任者が何かしらの改善を行うしかなくなる。なのでこうした問題は大きくなりにくい。

更にこれが厄介なのは、現場の人達というのはそうした「自分たちの努力」に誇りを持ってしまうものなのである。もちろんそれが悪いわけではないが、「システムを導入するのであなたのその工程は不要ですよ」と言っても「いやそれがないと安心して仕事ができないのだ」「お客様に迷惑がかかるのだ」「万が一のことがあったら責任を取れるのか」と否定にかかってしまう。自分の仕事に誇りを持っているがゆえに、自分の仕事を否定されることに拒否反応を示す。

この状況に、トップダウンが弱い日本型組織の構造が組み合わさると、IT改革というものが大体において頓挫する。なぜなら、こうした組織での IT 導入はまず「現場の人から現在の仕事に基づく要求条件をヒアリングする」ことからはじめるからだ。現在の仕事は既にある非効率性を包含しており、現場の人はそれを「業務に必須なもの」として要求条件とする。そしてそれを廃されることを自分のプライドにかけて否定する。結果、高いお金で導入したITシステムはそれまでの業務プロセスの再実装でしかないものになる。

海外でのIT導入は、そもそもIT導入が主眼ではない。あれは「業界で既に効果が確立した業務プロセスの導入」であり、ベストプラクティスと言われるものを組織に持ち込むための手段である。ITは単にそれを現場に強制するためのツールにすぎない。もちろんトップダウンでの導入が現場の抵抗を生むことは多いし、導入自体に失敗することもあるが、そうした失敗を含めてプロセス自体を見直す機会があるからこそ、ITをうまく導入した企業の業務プロセスには効率性と健全さがもたらされる。

日本企業でそうしたIT導入をするには、以前記事を書いたようにIT導入による業務効率化に確信を持って取り組むことができ、かつ現場のプライドを理解し、丁寧に説得し、あるべき業務プロセスに持っていくという超人的な人材が必要になるわけだが、そもそもIT導入の成功体験を得られる機会が少ないことが、そうした人材を育成する機会自体を少なくさせている。なかなかに困難な道である。

 

Fisher Space Bullet Pen

Posted about 1 year ago by yoosee.
  edc stationery

Fisher の Space ペンといえばNASAが宇宙で使ったという文脈で有名なペンだ。いわゆる「一方、ソ連は鉛筆を使った」ネタでも有名だけど、無重力でもペンを上向きに使ってもインクがかすれたりせずに書けるよう、ペンカートリッジに内圧がかかっている。Space Bullet Pen はそんな Space ペンのカートリッジを使い、持ち歩きに便利な手のひらサイズのデザインにしたペンだ。

Space Bullet Pen

スペースペンは何と言ってもEDCの世界では大定番だ。

米国にはとっさの際に戦うために使う Tactical Self-defense Pen という謎なカテゴリがあるのだが、重厚な金属のペンを金属削り出しのハンドクラフトで作っている人達がいる。そうしたペンは基本屋外に持ち歩くことを前提にするので、ペン芯に Space pen のカートリッジがよく使われる。

書き心地も Jetstream などのジェルインクには及ばないものの油性としては悪くない。ペン先が乾いて書けなくなることがまず無く、どんな向きでも紙が多少濡れていても問題なく書けるのは大変安心感がある。持ち歩いているペンが「書けなくなってないかな」などと心配しなくていいのはストレスを感じないという点で重要だし、便利だ。

このペンは Bullet と言ってもそんな戦闘用ペンではない。キャップを閉めると10cm弱と手のひらにもポケットにも軽く収まるサイズでありつつ、キャップをお尻に付ければ十分な長さで書く際に不自由を感じることもない。EDCではこれまた定番な、雨の屋外でも書けるノート FIELD NOTE (Amazon JP) と併せて使うことで、どんなところでもノートを取ることが出来るのである。いやうん、雨の日に外でノートを付けないといけない用事というのはそれなりに長いこと生きていてほとんど記憶に無いんだけれども。

Fileld Note

Space Bullet Pen は色々とバリエーションがあって、色の違いや塗装の違いもそうだし、弾丸型やスペースシャトルがついたものなどもある。写真にあるチタニウム塗装の Rainbow Titanium Nitride (400RB) もそうしたもののひとつ。値段も $20-40 くらいと、金属軸のペンとしてはそこまで高価でもない。

これもよく持ち歩いているのは写真にもあるスタイラスがついたモデル (BG1CL/S)で、スマホの操作にも使いつつ必要なときはペンとして書けるこれは結構気に入っている。残念なのはスタイラス部分が旧来のゴム製なところで、タップは問題ないのだがスワイプをすると画面に引っかかる。滑りのよい伝導マイクロファイバー製が出たら是非とも欲しいと思って要望を送ってみているが、今のところ販売されていない。

日本でも売っていて、値段が 3,000円くらいからとちょっと高いのだが、持ち歩きに便利なペンとしてひとつオススメしたい。