Pokémon GO の基本テクニックまとめ

Posted about 1 year ago by yoosee.
  pokemongo

ポケモンGOはゲーム中の解説が意外と不親切なので、プレイしているだけだと気づきにくいことや幾つかの検証記事の内容を以下にまとめておく。これからプレイする人の参考になれば幸い。

ピカチュウ


野生ポケモンの捕獲

  • 野生のポケモンはIngressでいうXMが多い場所に多く発生する。概ねこれは「人がたくさんいるところ」と同義。ポケストップ(ポータル)の周りにも多い。
  • リングの色はポケモンの敵対度・捕獲しやすさを示す。緑→黄→オレンジ→赤 の順で難易度が上がる。CP が高い・敵対度が高いポケモンほど捕獲の難易度が高い。
  • ボールをロングタップしていると色のついたリングが拡大縮小を繰り返す。リングが大きい時に枠内に投げると Nice や Great, Excellent の出る確率が上がる?
  • ロングタップの状態で指をくるくる回るようになぞるとボールに回転をかけられる。
  • ポケモンに遭遇した直後のポケボールを投げ始められる瞬間にスワイプしてボールを投げると簡単に Nice ヒットさせやすい。また画面左端をスワイプしたり、別の指で筐体の右側を支持に使いながらスワイプしたりと幾つかテクニックがある。
  • レベルが上がるとCPの高いポケモンが出現しやすくなり、またCPの高いポケモンを捕獲しやすくなる。
  • 特定レベルでアンロックされる上級ボール(レベル12と20で開放)は捕獲が成功しやすい。またズリの実を使うことで敵対度を下げて捕獲しやすくできる。
  • ボールを投げると1回毎に捕獲成功率が上がり、ボールを当てた際にのみポケモン逃亡イベントが確率発生する。つまりボールを当てずにボールを投げ捨てることを複数回すると次に当てた時の捕獲率を安全に上げることが出来る。10個位投げ捨てると成功しやすいという説あり。
  • ポケモンの「表情・Emotion」によって捕獲難易度が変わるという話がある (参考: Pokemon GO - How to Catch Hard Pokemon After Level 20 Tricks)

風でボール軌道が曲げられるのはどう対処すべきなんだろうかね…。あれにハマるとボールを大量消費させられるので、よほど重要なポケモンでなければ一旦左上のアイコンで戦闘離脱して、再度捕獲にトライしたほうがましな気がする。

野生ポケモンの追跡

  • 足あとの数は距離を示す。足あとがないポケモンは自分のリングの回りにいるので5秒も待てばポップするはず。足跡の数と具体的な距離の相関は未判明だが、一説では最大300m範囲。なおポケモンは一定時間(10分程度?)で消えることもある。
  • コンパスをアンロック(向いた方向にマップがまわる状態)し、特定のポケモンを選択した状態でゆっくり向きを変えると、特定の向きでパルスが表示されることがある。その方向にポケモンがいる。距離が遠いとパルスが表示されない? (参考: I Tried ‘Pokémon GO’ Compass ‘Nearby’ Tracking, And This Is What I Found - Forbes)
  • Nearby ポケモンリストは同じ足跡3つでも左上ほど近く右下ほど遠い。移動してリスト内を左上方向に移動してくれば、その方向に狙ったポケモンがいるはず。 (参考: I Have Finally Figured Out ‘Nearby’ Tracking In ‘Pokémon GO’ - Forbes)
  • 足跡が2個以内になったら結構近いところにいるので頑張って探そう。
  • 一部報告では特定のポケモンが特定の同じ場所に数時間おきに湧く現象があるらしい。
  • あとバグなのかリストが更新されなくなることがあるので、そうした場合は一旦アプリを終了して再起動する。

追跡に関しては色々な検証記事が出ているが、特に距離に関してはこれという決定版はまだ無いっぽい。後から運営の調整が入る可能性もあるわけであり。またサーバとの通信の問題かアプリ側の問題か、リストがリアルタイムに更新されないこともあり、正直まともに追跡できる感がない。

ポケストップ

  • ポケストップはタップで拡大した後に丸い部分を左右にスワイプして回転させることでアイテムが得られる。
  • クールダウンは5分間。Ingressのようなバーンアウトは無いようで、5分おきに何度でもアイテムが取得できる。

ジム

  • 戦闘時の基本動作は「タップで攻撃」「ゲージが溜まったあとにロングタップでスペシャル技」「左右スワイプで回避」
  • 相手が必殺技を使ってきたらスワイプで高確率で回避できる。特に速度の遅い必殺技はほぼ回避可能。
  • ポケモンのわざには個別の攻撃力と、表記はないが攻撃速度がある。速度が早い攻撃は基本的に使いやすくて強い。
  • 攻撃タイプとポケモンタイプには普通のポケモンゲームで存在する相性あり。例えば水は火に強い。いわゆる「こうかはばつぐんだ!」
  • 自陣営のジムはトレーニングを繰り返すことでレベルが上ってポケモン追加容量も増える。自分のポケモンを追加できない場合はそうしてジムレベルを上げるのもひとつの手。
  • ジムにポケモンがいる状態でショップ右上のアイコンをタップすると報酬に1箇所あたり10ポケコインと500ほしのすながもらえる。ジム数所属数には制限がないが、ジムによるボーナスは最大10箇所、21時間のインターバル。特に専有し続ける必要はなく、タップの瞬間の所属ジム数のみ関与する。

トレイナーレベル

  • レベルアップすると高CPポケモンと遭遇しやすくなる。また高CPポケモンの捕獲が成功しやすくなる。但し捕獲しやすさよりもポケモンのCPが上がる方が早いので、レベルが上ると全般的には捕獲が難しくなる。
  • レベルアップによってアイテムがアンロックされる。アンロックされたアイテムはその後はポケストップでも入手可能。
  • レベルアップするとポケモンの強化上限が上昇する。
  • 最初のうちはレベルアップに専念し、ポケモンの強化やレア度の高いポケモンの進化はレベル15-20程度以降でCPの高い個体を捕まえた後のほうが効率がよさそう。

ポケモンの育成

  • 同じ育成度であれば、ポケモンの強さの決定要素は 1. わざ 2. ポケモンの種類 3. 個体値 の順。強い技が重要。同じ種類でも通常2種類の違う技があり、強さが全く違う。また敵との技の属性相性も重要。
  • 技の種類、CP最大値はポケモンの種類で違う。強化、特にほしのすなは「強い種類 + 強い技」の個体 (spreadsheet)につぎ込む。(※わざの強さが後から修正され、主に速度が早くて強かったわざが大きく弱体化されている。この先もどんな調整が入るのか不明)
  • 進化個体の技は進化時に決まるので、強化は進化前よりも進化させて強いわざを持っている事を確認後に行う。進化前進化後でもコストは同じ。
  • 個体値 は最大成長させた際の最大幅で10-15%程度。強化したい種類の個体が複数いる場合は選別してみても良いのでは、程度。

ジム攻撃時

  • ジム攻撃時は技の速度 (DPS - Damage Per Second) が大きく効く。1回あたりの攻撃時間が短い技ほど強い。STAB (クリティカルヒット率) も含め、「攻撃力(CP内のATK部分)×技速度×STAB」で与ダメージ量が決まる。

ジム防御時

  • ジム防衛時は攻撃速度は1.5秒に1回と定速になるため、DPSは関与しなくなる。とは言え技の出の速度は相手側の回避のしやすさに影響するので、特に必殺技は早いほうがよい。

  • ふかそうちは使用回数無制限が最初から1つと、あとはレベルアップ時に3回利用できるものがたまに得られる。ポケストップでは出ないっぽい。課金で購入はできる。使用回数無制限を 2km の卵に、回数制限ありを5kmや10kmのものに使うのが得策か。
  • 卵から孵ったポケモンからは通常捕まえるよりも大量のキャンディを取得できる。5-15個くらい。

課金アイテム

  • ルアーモジュールはポケストップに挿すと30分間かなり高レートでポケモンを生成してくれ、またそのフィールド外のポケモンも生まれるため、非常に強力。なおルアーで産まれたポケモンは足跡レーダーに出ない?
  • その他に買うなら「ふかそうち」「しあわせたまご」といったポケストップから出ないアイテム。特にふかそうちは最大9個まで並列で卵の距離を稼げるので有利。

その他

  • しあわせたまごは経験値の取得を30分間2倍にしてくれるので、例えば進化をその間にまとめて行うことで効率よく経験値を得られる。進化コストが低いポッポや大量に出るラッタラなどを貯めて一気に進化させるようにすれば経験値が無駄にならない。
  • 火・水・雷の3種に進化するイーブイは、予め特定の名前をつけておくと指定種族に確定進化させられるとのこと。日本語名は多分この後判明するんでしょう。
  • 実績メダルは今のところ特別な効用はなさそう。取得時にアイテムや経験値が偉えるということもない。
  • オプションの Battery Saver を有効にすると画面を見ていない際にブラックアウトして節電してくれたりする。ただこれを使うと画面がタッチに無反応になるバグが起こりやすい気がする。